スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄ダイビング【クマノミの孵化(ハッチアウト)】@沖縄ダイビング サニーズ

沖縄ダイビングなら沖縄ダイビングショップ【ダイブショップ サニーズ】体験ダイビング・ダイビングライセンス取得・人気のダイビングスポット青の洞窟・慶良間・初心者~ベテランダイバーまで少人数制で沖縄本島近海を網羅のボート・ビーチファンダイビング・沖縄観光・沖縄旅行で!・格安ホテル・オーシャンビューホテル【沖縄オーシャンフロント】も併設/
那覇・恩納村からも近い北谷町・人気の沖縄観光スポット「アメリカンビレッジ」も近く絶好の夕日スポットでもあります



沖縄ダイビング【クマノミの孵化(ハッチアウト)】@沖縄ダイビング サニーズ



こんにちは。沖縄ダイビング【沖縄ダイビングショップ サニーズ】です。

沖縄の海の水温も23度台に上がってきました。3本目はちょっと寒くなりますが、5mmのフルウエットスーツでも快適に潜れています。

水温が上がると始まるのが、スズメダイ類の産卵。スズメダイ科のクマノミ類も頻繁に卵を産むようになってきました。

クマノミ類は、卵を住みかにしているイソギンチャクの近くに産みつけます。ただし、卵にイソギンチャクの触手が当たってしまうと死滅してしまうのでしっかりと触手に当たらないように工夫して近くの岩肌等に産みつけます。産みつける前には、産みつける産卵床の藻などをキレイに掃除する行為を見ることができます。

キレイに産卵床ができるといよいよ産みつけ。産みつける時間帯は、さまざまですが、ここ沖縄本島の北谷町の海で観察している中では夕方の4時頃がいちばん産卵の時間に適しているのでしょうか?何度か産卵シーンを見かけます。

卵は、産みつけてから約1週間程度で孵化(ハッチアウト)します。水温により卵の成長の時間も変わります。ただし、当ショップでは、クマノミの研究?!をしていたスタッフがいますので卵の色で孵化する日程を見分けます。

孵化(ハッチアウト)は、夜に行われます。この観察には細心の注意が必要です。むやみにライトをてらしてしまうとクマノミ・卵にストレスがかかりうまくハッチアウトしてくれないのです。ですので、クマノミの孵化(ハッチアウト)観察は、必ず詳しいガイドと一緒に潜ってほしいのです。








沖縄ダイビングでクマノミの孵化(ハッチアウト)を観察するなら沖縄ダイビング【沖縄ダイビングショップ サニーズ】





沖縄ダイビングなら
沖縄ダイビングショップ【ダイブショップ サニーズ】へ


サニーズスタッフが毎日更新ブログ
沖縄ダイビング 今日の沖縄の海


宿泊のみ・格安航空券(ANA)+宿泊のパックツアーを楽天トラベルにて扱っています。
1泊¥2,990~オーシャンビュー(ジャグジー付)のお部屋や5LDKのお部屋など多彩なお部屋をご用意しています。
『沖縄オーシャンフロント』
http://web.travel.rakuten.co.jp/portal/my/jyouhou_page.main?f_no=68265

宿泊のみ・格安航空券(JAL)+宿泊のパックツアーをじゃらんネットにて扱っています。
『沖縄オーシャンフロント』
http://www.jalan.net/jalan/jweb/yado/YADS_309240.HTML

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 沖縄ダイビング 人気のダイビングスポット All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。